Menu

施術メニュー

Home

施術メニュー

施術の流れ

受診はすべて完全予約制です。必ずお電話などで予約をお取り下さるようお願いいたします。
(突然来院されてもお断りすることがあることをご了承願います。)

なお、キャンセル・予約変更・わずかな遅刻であっても必ずご連絡いただくようお願いいたします。
特に当日キャンセル等は絶対におやめ下さるようお願いいたします。
理由は他の患者様への迷惑防止の為です。(キャンセル料は発生いたしません)

施術の流れ

施術時間によるコース

30分コース

施術対象疾患が1~2疾患程度で、施術範囲が狭くて済む場合や、多疾患があるがまずは1~2疾患の苦痛をやわらげる場合などに適用されます。

50分コース

全身治療や施術対象疾患が多い場合、さらに、1疾患であっても手間がかかる場合などに適用されます。

施術形態によるコース

マンツーマン法

ひとりの患者様に対し、ひとりの施術者が対応して行う施術を言います。

置鍼法

患者様に針を刺入し、そのままの状態で置いておく施術を言います。

施術形態によるコース

自由診療施術

当院の特徴である施術を駆使し行う施術です。
施術時間は30分コースか50分コースで、石坂流鍼灸術・中国針・置針法・灸療法などを行ないます。

保険施術

「療養費の支給基準」によって定められた6疾患+痛みを伴う疾患に対し、医師による同意書が 得られた場合に行う施術です。
施術時間は20~30分で、石坂流鍼灸術・中国針・置針法・灸療法などを行ないます。

労災保険への鍼灸施術

業務上の事由又は通勤による労働者の負傷・疾病・障害に対して鍼灸施術も適用できます。詳細はご相談下さい。

交通事故自賠責保険への鍼灸施術

交通事故で発生してしまったムチウチ症・打撲・捻挫・挫傷などの怪我や、 後遺障害などの疾患などへも鍼灸治療が可能です。
施術費用は保険会社が負担いたしますので、自己負担は0ゼロです。
当院にかかる場合は治療開始前に当院の方で保険会社との交渉も行ないますので、まずはお気軽にご相談下さい。

料金のご案内

料金のご案内

当院にはさまざまなコースがあります。
一人ひとりの患者様に合わせてご提案しておりますので、詳しくはご相談下さい。

ADOBE READER

ADOBE READER

PDFファイルを閲覧するには、ADOBE READERが必要です。
右記よりダウンロードし、インストールを行って下さい。(無料)

会員制度について

会員制度について

当院では会員制度というものを設けております。
そこに登録するメリットは

・経済的メリット
・治療効果的メリット

鍼灸治療の保険制度は、決して満足な保険制度とは言えず、保険適用疾患に対しては保険施術が可能ですが、保険適用外疾患に対してはどうしても自由診療施術が中心となり高負担となりがちです。
そこで当院では会員制度を設けることにより、保険適用外疾患に対しても十分な施術を受けていただけるような環境をご提供しております。

詳細は当院にてスタッフにお尋ね下さい。

会員特典  年会費 2,000円

自由診療施術を10回受けると11回目の自由診療施術を半額で受ける事が出来ます。

一般の患者様が30分コースの施術しか受けられないのに対し、50分コースを受ける事が出来ます。

会員の方は、初診料・再診料がかかりません。

病状が重たい方の場合は施術間隔が短くなる傾向がありますので、
50分コースの施術の場合以下の施術費用が適用されます。(30分コースはそのまま)

 マンツーマン法50分コース2日以内 2,800円
 マンツーマン法50分コース5日以内 3,800円

なお、当院に初めてかかる方は自動的に会員に登録されます。
ですので、初診料の2,000円は必要ではなく、年会費として2,000円の費用がかかることになります。
支払う金額は同じですが、意味が違ってきます。
これは、しばらく来院されていなかった患者様が久しぶりに当院に来院される場合にも適用されます。
いずれにしろ初診料ではなく年会費を支払って会員になっていただき、ご自分の身体のあちらこちらにある不調を、鍼灸施術に気がついたこの時から1年間の間に良くしていただきたいという配慮からのものです。

健康保険の取り扱いについて

鍼灸は自由診療が基本ですが、医師による「同意書」をいただく事により、健康保険の適用が可能となります。しかし、どんな疾患でも可能、というわけにはまいりません。

「療養費の支給基準」という基準によって定められた鍼灸保険対象疾患のみが可能となります。

鍼灸保険対象疾患

神経痛

例:坐骨神経痛・肋間神経痛その他
症状:顔・腕・手・足などの神経に沿った場所に発生する痛み

五十肩

症状:肩の関節の痛みや腕が上がらない

頸腕症候群

症状:首や肩や腕の痛み・しびれ・だるさなど

腰痛症

例:ぎっくり腰・腰椎すべり症・腰椎椎間板ヘルニアその他
症状:腰が重苦しい・痛い

リウマチ

症状:起床時の体のこわばりや手・肘・膝などの関節の炎症をともなう腫れ・痛み

頸椎捻挫後遺症

症状:外傷などによる寝違え症状や過去の事故などによるムチウチ症

その他

症状:慢性的な痛みを伴う疾患で保険者が認めたもの

鍼灸保険対象疾患

まず当院に来院していただき、上記鍼灸保険対象疾患に対応しているかどうか、 鍼灸の治療が患者様に適合するか、効果が出そうかどうか、患者様に治したいというお気持ちや治療継続の意志があるかどうか、などを1回もしくは数回の施術で判断した後、 「同意書」の発行に速やかに移行いたします。

「同意書」と一緒に医師に対して保険適用のお願いをする「依頼書」を当院で発行します。
それらを持って、かかりつけ医院などへ行き医師に必要事項の記載をしていただきます。

「同意書」を書いていただけましたら、当院にその旨のご連絡をいただき、予約を取って下さい。

来院時には「同意書」と「健康保険証」と「認め印」をお持ち下さい。

これで晴れて健康保険の適用が可能となります。治療の継続が3ヶ月以上に及ぶ場合は3ヶ月ごとに再同意の手続きをする必要があります。

鍼灸保険対象疾患

代理委任払いの場合

150円             自己負担1割
299円             自己負担2割
449円             自己負担3割

償還払いの場合

1,495円

健康保険ご利用の注意

※「同意書」は当院に用意してあります。病院などには置いてありませんのでご注意下さい。

※同意書には3ヶ月の有効期限があります。治療が3ヶ月以上に及ぶ時は、 3ヶ月目に再度病院へおもむき、再同意の手続きをしなければなりません。 再同意の手続きは治療を継続している間、3ヶ月ごとに行なう必要があります。

※医療機関にて上記6疾患と同じ病名で治療を行なうことは出来ません。 「併給」という同一疾患で何カ所もの医療機関にかかれないというルールに 抵触するおそれがあり、保険適用が不可能になってしまいます。

※保険で利用できる疾患は1つのみとなります。2つ以上の疾患を利用することは出来ませんので ご了承下さい。

保険施術に関しては、よくわからないという患者様も多くいらっしゃいますので、 まずは当院にてご相談下さるようお願いいたします。