Menu

当院の理念

Home

当院の理念

アドバンス大貫鍼灸院では、次の3つのことを大切に、日々の施術を行なっています。

鍼灸治療は、1回受ければ何とかなる、というものではありません。
大切なことは、ご自分の身体と鍼灸のことを知り、適切な治療を積み重ねていくことです。

当院では皆様の健康のため、治療の積み重ねが出来ますよう、精一杯手助けをさせていただきます。

鍼灸を利用してみましょう

「鍼灸」を知っていただくこと

「鍼灸」を知っていただくこと

鍼灸を受診されたことがない方は、 鍼灸に対して「痛い・怖い・本当に効くの?」というイメージを持たれる方が大半を占めています。
では、実際のところどのようなものでしょうか?

初めて鍼灸を受診された後、患者様に感想の質問をしますと 「思ったほど痛くない。先生も明るくきちんと説明をしてくれるので安心した。」というような答えが返って来ることが大半を占めます。

鍼も灸もソフトな施術

鍼灸は「痛い・怖い」などと悪いイメージで受け取られるのは本末転倒で、皆様を健康への道に誘うれっきとした医療技術なのです。
また、ひとくくりで「鍼灸」とは申しますが、実際の技術は完全なオーダーメード医療が鉄則です。
患者様の身体や病気のいきさつは同じものは2つと無く、この点では西洋医学と全く異なるものです。

鍼灸の施術者は、いかに早く確実にその特徴や傾向を把握するかかが求められます。
まさに「職人」の領域に達した者でないと、鍼灸の世界では通用しないと言えます。

近年では世界的にはWHO(世界保険機構)やNIH(National Institutes of Health-アメリカ国立衛生研究所)も西洋医学を補完するCAM(Complementary and Alternative Medicine-相補代替医療)として捉えられております。
国内では、厚生労働省も鍼灸治療の実績を認め、国民が健康になるお手伝いをするために鍼灸の健康保険を適用させているのです。

低費用で治療を受けていただくこと

低費用で治療を受けていただくこと

いくら優れた治療を施しても、高い施術費用では何度も受診することが出来ません。
特に具合が悪くなってからの期間が長期の方の場合、治療に要する期間は長くなりがちですので、高い施術費用は困った問題となります。

東洋医学に限らず、医療費の経済的負担は「治す」という行為においてもモチベーションを下げる要因になります。

当院では、当院の経営が成り立ちつつ、医療弱者としての患者様の立場に立った費用を報酬としてまっとうに頂くことを良しとする方針でおりますので、高負担を強いらないような方策をうっております。

会員制度による割引制度

速やかな健康保険への移行

急性期の割引制度

技術を要しない施術の低費用化

これらの施術費用軽減化策により、当院では皆様が経済的に安心してかかることが出来る鍼灸専門治療院を目指しております。

詳細は、料金のご案内をご覧下さい。

真面目に通っていただくということ

真面目に通っていただくということ

気を治すということは、生易しいことではありません。
現代人の多くの方々がかかる病気が「生活習慣病」であることを考えれば、それまでの生活習慣や生き方を大幅に変える必要がある場合があるからです。
それは大変苦しいことであり、悲しいことであり、面倒くさいことであるかも知れません。

また、当院では患者様にとって耳が痛いと感じる話を申し上げることがあります。
その逆に必要とあらば患者様に甘えを与えることもあります。
患者様には「全てはあきらめずに、その先にある明るい時をつかむため」とお考えいただきたいと願いますが、その様なときに一方的な指導を受けてお互いに誤解してしまうような事を防ぐため、患者様と自然な形で前向きにコミュニケーションをとっていく努力を惜しんでおりません。

そしてそのコミュニケーションの気軽なやりとりの中で、 施術者と患者様お互いが病気や鍼やその生き方・考え方を知って共有することにより、それが真面目に楽しく通っていただくということに繋がります。

健康な明日のために

当院の基本コンセプトは
「病気に負けたくない。患者様の人生の道の傍らに咲く小さな花となり、心に平安を与えてあげたい。」です。

当院の全ての言動・行動はこのコンセプトから発せられるものだとお考え下さい。

衛生管理への取り組み

衛生管理をしっかりとすることを大切にしています。

衛生管理をしっかりとすることを大切にしています。

当院では、しっかり衛生管理された環境で治療を行なっております。

滅菌設備を備え、全ての道具の滅菌を徹底的に行なっております。

施術においては、施術中のマスクはもちろん、鍼はディスポーザル針を使用し一人ひとり新しいものを使用して器具の使い回しは決して行いません。

手指消毒に関しては流水設備を完備、速乾性手指消毒剤を利用して感染予防に努めています。

施術する皮膚に対しては、外皮消毒剤を利用して消毒をしてから施術を行ないます。

これらの衛生管理の徹底により、感染症対策の実現を図っております。

pagetop